for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロで拘束の元米兵が解放、米で服役中のロシア人と「捕虜交換」

米国とロシア政府は27日、米国で服役中のロシアのパイロットと引き換えに、2019年からロシアで拘束されていた元米海兵隊員トレバー・リード氏(30)が解放されたと発表した。写真は2020年7月、ロシアで拘束中のリード氏(2022 年 ロイター/Maxim Shemetov/File Photo)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米国とロシア政府は27日、米国で服役中のロシアのパイロットと引き換えに、2019年からロシアで拘束されていた元米海兵隊員トレバー・リード氏(30)が解放されたと発表した。ロシアによるウクライナ侵攻を背景に米・ロシアの関係が悪化する中、想定外の捕虜交換となる。

米政府当局者によると、長らく慎重な交渉が進められていた。バイデン米大統領はリード氏解放の詳細についてコメントを避けたものの、「厳しい決断を迫られる交渉だった」と述べた。

また、捕虜交換はより広範な外交協議の一環ではなく、ウクライナに対する米国の姿勢変更を示すものではないとした。

バイデン大統領とブリンケン国務長官はリード氏の解放を歓迎した上で、依然ロシアで拘束されている元米海兵隊員ポール・ウィラン氏の解放に尽力すると語った。

また、東京五輪の女子バスケットボールで金メダルを獲得した米国代表のブリトニー・グライナー選手(31)も2月からロシアで拘束されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up