Reuters logo
ロシア大統領、プルトニウム処分合意を停止 対米関係悪化
2016年10月4日 / 02:27 / 1年後

ロシア大統領、プルトニウム処分合意を停止 対米関係悪化

[モスクワ 3日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は3日、米国との間で2000年に結んだ余剰な兵器級プルトニウムの廃棄に関する協定を停止する大統領令を発表した。今後、ウクライナ危機やシリアの内戦をめぐる米国との駆け引きで核軍縮問題を切り札に使う可能性がある。

 10月3日、ロシアのプーチン大統領は、米国との間で2000年に結んだ余剰な兵器級プルトニウムの廃棄に関する協定を停止する大統領令を発表した。モスクワ郊外で9月代表撮影(2016年 ロイター)

同協定は、米ロの核軍縮条約の履行に伴って核兵器が解体された際に発生するプルトニウムを処理することを目的としている。

冷戦時代の終盤以降、両国は核兵器削減のため数々の条約を締結してきた。両国関係は近年、ウクライナやシリア問題などをめぐって悪化しているが、これらの条約が破棄されるまでには至っていない。

大統領令は、米国政府による「非友好的な行動」への対応として同協定を停止すると表明。この直前には、 米国務省のカービー報道官が、シリア情勢の打開に向けたロシアとの協議を中断することを明らかにし、ロシア側が停戦合意における義務を履行しなかったと批判していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below