for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ米大統領、プーチン氏をホワイトハウスに招待=ロ大統領補佐官

ロシアのウシャコフ大統領補佐官は2日、トランプ米大統領(右)がロシアのプーチン大統領(左)と前月20日に電話会談を行った際、ワシントンのホワイトハウスで首脳会談を行うことを提案していたことを明らかにした。写真は2017年11月、ベトナムで開催されたAPEC首脳会議で撮影(2018年 ロイター/Jorge Silva)

[モスクワ 2日 ロイター] - ロシアのウシャコフ大統領補佐官は2日、トランプ米大統領がロシアのプーチン大統領と前月20日に電話会談を行った際、ワシントンのホワイトハウスで首脳会談を行うことを提案していたことを明らかにした。

ただその後、英国で起きたロシアの元スパイ暗殺未遂事件に関連し、米政権は国内のロシア外交官ら60人を国外に追放したほか、シアトルのロシア領事館を閉鎖。ロシアも同様の措置で応じており、ウシャコフ補佐官は米ロ首脳会談開催に向けた準備協議は行われていないことを明らかにした。

ウシャコフ大統領補佐官は記者会見で、「電話会談でトランプ大統領はワシントンのホワイトハウスで首脳会談を行うことを提案した」と表明。ただ「一連の現状を踏まえ、首脳会談開催の可能性を巡り協議することは困難」と語った。そのうえで、首脳会談開催に向けた「協議が始まると信じたい」とし、「いずれ、真剣かつ建設的な対話を開始できることを望む」と語った。

これについて米ホワイトハウスのサンダーズ報道官は2日、トランプ氏がプーチン氏をホワイトハウスに招待したことについては確認しなかったが、両大統領が首脳会談の開催場所としてホワイトハウスを含む複数の候補について協議したことは明らかにした。

*内容を追加します。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up