Reuters logo
ロシアとベネズエラが債務再編合意、中国も支援姿勢
November 15, 2017 / 11:42 PM / a month ago

ロシアとベネズエラが債務再編合意、中国も支援姿勢

[モスクワ/カラカス 15日 ロイター] - ロシアとベネズエラは15日、債務再編合意に署名した。ベネズエラが10年間にわたり、ロシアに計31億5000万ドルを返済する。

11月15日、ロシアとベネズエラは債務再編合意に署名した。ベネズエラが10年間にわたり、ロシアに計31億5000万ドルを返済する。写真はモスクワで記者会見するベネズエラのカストロソテルド副大統領(左)とセルパ経済財務相(2017年 ロイター/Sergei Karpukhin)

ロシア財務省が明らかにした。同省によると、合意に伴いベネズエラは今後6年間、ロシアへの支払いを「最小限」に抑え、他の債権者向けに返済しやすくなるという。

これとは別に中国外務省が発表した声明で、ベネズエラは債務問題を「適切に」処理できるとの見解を示し、米国や欧州などが制裁を科しているベネズエラをロシアとともに支えていく姿勢をにじませた。

国営石油会社PDVSAが、ロシア国営石油企業のロスネフチに対して抱える債務(8月時点のロスネフチ推計で60億ドル)は、含まれなかったもようだ。

ベネズエラのセルパ経済財務相はモスクワでの記者会見で、合意は政府間のもので、社債は含まれていないとの認識を示した。

11月15日、ロシアとベネズエラは債務再編合意に署名した。ベネズエラが10年間にわたり、ロシアに計31億5000万ドルを返済する。写真は13日、現金を引き出そうとカラカスの銀行に並ぶ市民(2017年 ロイター/Marco Bello)

ベネズエラは2011年にロシアから資金を借り入れたが、経済・金融危機に直面するなか、2016年に債務支払いが困難となっていた。

S&Pグローバル・レーティングスは今週、ベネズエラが30日の猶予期間中に利払いができなったことを受け、2つの国債の格付けを「選択的デフォルト」に指定した。

ただベネズエラ政府は15日、これらの国債(2019年と2024年の償還予定)の利払い金2億ドルを銀行口座に移管する手続きを開始したと発表。トムソン・ロイター・アイコンのデータでは、2109年償還債の価格は約1%、24年償還債は約10%値上がりした。

同国経済省は「わが政府は支払い義務を順守し続けるとともに、改めて対外債務の再交渉を呼びかける」と表明した。

一方PDVSAは2027年償還債の利払いを実施し、2020年償還債と今月満期の債券の支払いを「成功裏に完了」したとしている。

国際スワップデリバティブ協会(ISDA)の広報担当者は、ベネズエラ政府とPDVSAの債務支払いが遅れたことに関して、デフォルトに陥ったかどうかを議論するためのヒアリングを16日に開催すると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below