for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

赤ちゃんピューマに「ネイマール」命名、W杯開催地の露動物園

[モスクワ 4日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の開催都市の一つであるサランスクで、動物園がピューマの赤ちゃん3匹に、スペイン1部リーグ、バルセロナに所属するネイマール、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスの各選手の名前をつけた。

地元組織委員会の男性は「2018年に彼ら(選手たち)がここでプレーするのを見られるかもしれない」と語った。サランスクでは、W杯のグループステージで4試合が行われる。

動物園のディレクターは、ピューマに専用スペースを用意すると与えられると説明。また、一部のほかの動物に結果の予想の仕方を「教える」計画も明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up