March 23, 2020 / 2:34 AM / 2 months ago

五輪=露ボクシング連盟代表、東京五輪延期を主張

[モスクワ 22日 ロイター] - ロシア・ボクシング連盟のウマル・クレムレフ代表は22日、新型コロナウイルスの流行によりアスリートの準備や健康に影響が出る可能性があるため、東京五輪を1年延期すべきと主張した。

新型コロナウイルスの世界的大流行により、ここ数週間で世界中の主要イベントは中断・中止を余儀なくされている。一方で、東京五輪の主催者は7月24日から8月9日にかけて予定されている同大会のスケジュールに今のところ変更はないとしている。

クレムレフ代表は声明で「開催地と主催者に莫大な財政的損失が生じることは理解しているが、五輪を1年延期して21年に開催すべきだと思う。これが私の意見だ」と語った。

そして、今月初旬に東京五輪ボクシングの予選が各地で中断されたなか、5月まで予選を開催するのは公平ではないとし、「アスリートは五輪の準備に集中し、五輪にトップフォームで臨もうとしているが、今はその準備が台無しになっている」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below