for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米下院議長「典型的な人種差別発言」、トランプ氏を批判

6月7日、米共和党のライアン下院議長は大統領選挙で同党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏がメキシコ系判事を批判した件をめぐり典型的な人種差別発言と断じた。写真は同日、ワシントンで記者会見するライアン議長(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米共和党のライアン下院議長は、大統領選挙で同党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏がメキシコ系判事を批判した件をめぐり、典型的な人種差別発言と断じた。

トランプ氏は、「トランプ大学」をめぐる訴訟を担当している連邦地裁のメキシコ系判事が自身に不利な判断をしているとし、訴訟から外れるべきだと主張していた。

ライアン氏は記者団に対し「トランプ氏の発言は遺憾」とし、「人種を理由に仕事ができないと主張することは典型的な人種差別発言で、絶対に拒否されるべき」と述べた。

ライアン氏はこの日、他の共和党議員とともに貧困対策を明らかにした。これは同氏の政策アジェンダの一環で、11月の選挙戦をにらみ、重要分野に関して有権者に対し明確な政策メッセージを伝えることが狙いとしている。9日には国家安全保障、今後数週間には規制、憲法上の権限、医療、税制改革に関する提案を公表する予定。

ライアン氏は、トランプ氏が大統領に就任すれば、こうした政策アジェンダに基づく法整備を支援すると確信しているとし、「(民主党の候補指名を確実にしているヒラリー・クリントン氏よりも)トランプ氏の方が政策を実行に移せる可能性が高い」述べた。

ただこれには、トランプ氏と共和党議員の間で意見が大きく分かれる移民、通商問題は含まれていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up