Reuters logo
ゴルフ=ライダーカップ、米国が4大会ぶりの勝利
2016年10月3日 / 03:07 / 1年後

ゴルフ=ライダーカップ、米国が4大会ぶりの勝利

[2日 ロイター] - 欧州と米国の男子プロゴルフ対抗戦、ライダーカップ最終日は2日、米ミネソタ州チャスカのヘーゼルティン・ナショナルGC(パー72)でシングルス12試合が行われ、前日で欧州に3ポイント差をつけていた米国が7勝1分け4敗で6ポイント差に広げて2008年以来、4大会ぶりの勝利を収めた。

 10月2日、欧州と米国の男子プロゴルフ対抗戦、ライダーカップは米国が08年以来、4大会ぶりの勝利を収めた。写真は勝利を喜ぶ米国チームのメンバーら(2016年 ロイター/John David Mercer-USA TODAY Sports)

初戦のパトリック・リード─ロリー・マキロイ(英国)は激戦となったが、リードが1UPで勝利。第2戦はヘンリク・ステンソン(スウェーデン)がジョーダン・スピース、第3戦はトーマス・ピータース(ベルギー)がJ・B・ホームズに勝利して欧州が差を詰めた。

第4戦でリッキー・ファウラーがジャスティン・ローズ(英国)を敗ると、第5戦ではラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)がジミー・ウォーカーを下し、第6戦のフィル・ミケルソン─セルヒオ・ガルシア(スペイン)は両者で計19バーディーとなる激戦の末に引き分けとなった。

そして第7戦、18番ホールでリー・ウェストウッド(英国)がボギーだったのに対し、ライアン・ムーアがパーで勝利。米国が15─10として残りのプレーを待たずに勝利を決めた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below