January 9, 2019 / 8:36 AM / in 7 months

良品計画が通期営業益を下方修正、生活雑貨不振 社長「中国心配ない」

[東京 9日 ロイター] - 良品計画(7453.T)は9日、2019年2月期連結業績予想を下方修正すると発表した。国内事業で生活雑貨の不振に加え、冬物商材が伸び悩んでいることを織り込んだ。

売上高にあたる営業収益予想は前年比7.8%増の4093億円(前回予想4243億円)に、営業利益予想は同3.8%増の470億円(同500億円)に、それぞれ引き下げた。

一方、最終利益は投資有価証券の売却益で同22.9%増の370億円(同333億円)に上方修正した。

会見した松崎暁社長は2020年度の営業利益目標600億円について「衣服と食品が引っ張っており、生活雑貨も長い目で見て復権するとみている。計画は達成可能だ」と自信を示した。

2018年3─11月期は営業収益は前年比8.7%増の3042億円、営業利益は同3.9%増の348億円、最終利益は同30.2%増の303億円だった。

中国事業は9─11月期の既存店売上高は前年比4.1%減と、6─8月期に続きマイナスだった。衣服・雑貨の夏物商材の在庫品切れが響いた。ただ3─11月期を全社ベースでみると、前年比12.0%増と2桁の伸びを示しており、松崎社長は「2019年度も引き続き30店舗以上の出店と20店舗の改装を行って継続的に成長していきたい」と事業の拡大に意欲を示した。

米中貿易摩擦の影響についても「事業に支障が生じるとは考えていない。GDPも引き続き6%強の成長ができるとみており、大きな心配はしていない」と楽観的な見方を示した。

国内では10月消費税増税を控えており、個人消費への影響が懸念されている。松崎社長は「今回は増税が2%と低いことに加え、たくさんの施策もある。雇用も良い状態にあり、賃金も上がっているので、今までと比べて大きな影響があるとは思っていない」と語った。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below