for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジアラビア原油安長期化へ備え、来年の財政赤字削減

[リヤド/ドバイ 28日 ロイター] - サウジアラビアは28日、来年の予算案を公表した。原油価格が低迷するなか、歳出削減とともに原油以外の歳入源拡大に取り組み、記録的水準の財政赤字を減らす。

 12月28日、サウジアラビアは来年の予算案を公表した。写真はサルマン国王。リヤドで11月撮影(2015年 ロイター/Faisal Al Nasser)

世界最大の原油輸出国が、約10年ぶりに経済政策を大きく見直す。原油相場の早期大幅改善を想定せず、価格低迷期が数年間続く状態に備える姿を示す内容となった。

これまで社会福祉の観点から手が付けられなかった、エネルギー補助金見直しなどにも取り組む。

2015年の財政赤字は3670億リヤル(979億ドル)、国内総生産(GDP)比で15%に達した。

16年予算案では、赤字額を3260億リヤル(約870億ドル)に減らす目標を掲げた。

歳出は8400億リヤルと予想、今年実績の9750億リヤルから減らす。

歳入は5140億リヤルと、2015年の6080億リヤルから減ると予想した。15年の歳入に占める石油関連の割合は73%に達した。

こうしたなか、政府は水道や電気、石油製品の補助金を向こう5年間で調整する。社会保障政策の一環として、サウジアラビアはこれらの国内料金を、世界有数の低水準に維持してきた。今回、政治的に敏感とされる分野も見直す。

予算案の公表直後、政府が国内の燃料、水道、電気料金を引き上げたと、国営サウジ通信(SPA)が伝えた。95オクタンガソリン価格は1リットル=0.90リヤル(0.24ドル)と、0.60リヤルから上昇した。ただ、世界標準でみればなおかなり低い。

政府はまた、複数分野の民営化などの改革も打ち出した。域内他国と協調して付加価値税を導入したり、ソフトドリンクやタバコにかかる税率を引き上げたりする計画だ。

2015年の赤字が大方の市場予想、4000億━4500億リヤルを下回ったことを受け、予算案に前向きな反応が出る可能性もあると、民間アナリストは指摘する。

一方で、歳出削減は建設業界に打撃となり、燃料価格や電気料金の上昇は消費支出を下押しするため、経済成長の重しになるとみられている。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up