November 12, 2018 / 12:09 AM / a month ago

ギリシャの炭鉱と失業の町、サフラン景気に沸く

[クロコス(ギリシャ) 8日 ロイター] - 石炭鉱山と失業で知られたギリシャ北部の町クロコスが、現在は「赤い黄金」と呼ばれる高価なスパイスの原料、サフランの生産で潤っている。

アレキサンダー大王が戦いの傷を癒すのに使ったとも伝えられるサフランは、1年前に米国への輸出が始まったが、次は中国への輸出を模索中という。

クロコスは、サフランの花の名前であるクロッカスに由来する地名で、この地域付近では300年にわたってサフランが栽培されている。生産者組合の幹部によると、2000年までは国内消費向けに年間30キロが生産されるにとどまっていたが、2008年の金融危機で事態が一変、現在は年間約4トンが生産され、このうち70%が海外に輸出されている。

組合に加入する生産者も494から1000に倍増、栽培面積も08年時点の592エーカーから1349エーカーに拡大した。

ギリシャでは、サフランはこの地域のみで栽培されており、クロコス・コザニスのブランド名のサフランは、ギリシャの店舗では1グラムの価格が約4ユーロ(約515円)で販売されている。

1キロのサフランを作るのに花が15万輪必要。花は手摘みされ、組合の女性たちが重さを量って梱包している。

世界最大のサフラン生産国はイランだが、ギリシャ産の需要も伸びていると同幹部は述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below