March 3, 2020 / 11:49 AM / 5 months ago

南アGDP、第4四半期は前期比年率1.4%減 リセッション入り

[プレトリア 3日 ロイター] - 南アフリカ統計局が発表した昨年第4・四半期の国内総生産(GDP)は、季節調整済みの前期比年率で1.4%減少した。ロイターがまとめたエコノミスト予想(0.1%減)よりも大幅なマイナスだった。

第3・四半期のGDPも0.8%減(改定値)となっており、南ア経済はここ2年間で2度目のリセッション(景気後退)に陥った。

第4・四半期は、農業が前期比7.6%減、運輸が7.2%減、建設が5.9%減、電力が4%減、小売りが3.8%減。

第4・四半期GDPは調整前の前年同期比では0.5%減少した。第3・四半期は同0.1%増だった。2019年通年のGDPは前年比0.2%増で、18年の0.8%増から鈍化した。

FNBのポートフォリオマネジャー、ウェイン・マックカリー氏は「国営電力会社エスコムと停電が責めを負うべきだが、政府にも責任がある。改革の進展が遅すぎる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below