for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏大統領、アフリカでのコロナワクチン生産拡大に向け投資表明

フランスのマクロン大統領は28日、同国はアフリカでの新型コロナウイルスワクチン生産拡大に投資すると表明した。写真は、南アフリカのプレトリアで会見するマクロン大統領。(2021年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

[ヨハネスブルク 28日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は28日、同国はアフリカでの新型コロナウイルスワクチン生産拡大に投資すると表明した。アフリカと西側の間の供給格差是正を目指すという。

南アのラマポーザ大統領とプレトリアで行なった共同記者会見で述べた。

マクロン大統領は、アフリカが必要としているワクチンは世界全体の20%前後を占めるにもかかわらず、生産が占めるのは1%にすぎないと指摘。「アフリカ大陸での生産拡大に向け、極めて迅速な増産に向けた投資戦略を構築する」と述べた。

具体的には、すでに南アの医薬品メーカー、バイオバック研究所と提携しているほか、この日にまた、南アの後発医薬品(ジェネリック)大手アスペンとも提携を結んだ。

マクロン大統領は、「全世界の最大限の人数に、最速でワクチンを接種する必要がある。それはわれわれの道徳的義務であり、万人の利益になる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up