November 20, 2019 / 12:47 AM / 16 days ago

桜を見る会、長年の慣行・積み重ねによる人数増を反省=菅官房長官

 11月20日、菅義偉官房長官は衆院内閣委員会で、首相主催の「桜を見る会」について、招待基準の明確化や透明化など全般的に見直すと述べた。写真は今春の「桜を見る会」。4月13日、東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[東京 20日 ロイター] - 菅義偉官房長官は20日の衆院内閣委員会で、首相主催の「桜を見る会」の招待者数について、「長年の慣行、積み重ねで人数が増えてきたことを反省。招待基準の明確化や透明化など全般的に見直す」と強調した。宮本徹委員(共産)への答弁。

招待人数の内訳について、各界の功労者・大使・議員・勲章受賞者など6000人、自民党関係者6000人、芸術・文化・報道・公明党関係1000人程度、首相関係1000人程度、副総理・官房長官・官房副長官関係1000人程度、などと説明した。

招待者の推薦に関し首相夫人の関与はなかったとも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below