May 28, 2018 / 3:52 AM / 3 months ago

サッカー=肩負傷のサラー、W杯出場に意欲

[ロンドン 27日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーは27日、前日に肩を痛めたものの来月行われるワールドカップ(W杯)でプレーできると語った。

 5月27日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(中央)は、前日に肩を痛めたものの来月行われるワールドカップ(W杯)ではプレーできると意欲を見せた。キエフで26日撮影(2018年 ロイター/Phil Noble)

サラーは26日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード(スペイン)戦で、前半にセルヒオラモスと交錯した際に負傷。無念の涙を流して交代となっていた。

試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督はサラーの状態について悲観的な見解を示していたが、翌日に本人がツイッターで「非常に厳しい夜になったが、私はファイターだ。困難があろうとも、ロシアに行けると確信している。みんなの愛情とサポートが私に力をくれる」と前向きな姿勢を見せた。

また、エジプト・サッカー協会も26日ツイッターに「楽観視している」と投稿し、回復は間に合うとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below