for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

安倍首相、自民幹部に増税延期を伝達 二階氏は衆参同日選を否定 

 5月30日、安倍晋三首相は官邸で自民党幹部と相次ぎ会談し、来年4月に予定されている消費税増税を2年半延期する意向を伝えた。写真は伊勢神宮で25日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 安倍晋三首相は30日午前、官邸で自民党幹部と相次ぎ会談し、来年4月に予定されている消費税増税を2年半延期する意向を伝えた。増税延期に伴う衆院解散・総選挙の可能性について二階俊博総務会長は、首相は衆参同日選をしない考えのようだと語った。

首相は、午前10時前から高村正彦副総裁、二階総務会長、稲田朋美政調会長と個別に相次いで会談した。

会談では、首相が各氏に来年4月の消費税増税について2年半再延期する意向を伝達。延期について党内でもさまざまな意見があるが、高村副総裁によると「首相の意思はかなり固いようだった」という。

2年半という期間について二階氏は「(期間を)広くとっておけば、景気が上向いてくる場合もあるとの思いがあるのだろう」と話した。

稲田政調会長は首相に対し、来年4月から1%ずつ増税する持論をあらためて首相に伝えたという。こうした総理の増税延期方針について稲田氏は、政調全体会議で議論する考えを示した。

増税延期の場合は党内からも衆院解散・総選挙の必要性を指摘する声が少なくない。稲田氏は「増税を延期するなら、前回の選挙との整合性で国民の信を問うべきと(首相に)申し上げた」と明らかにしたが、会談では「いろいろ話をしたが、ここで申し上げる事ではない」と述べるにとどめた。

一方、二階氏は「同日選はしない方がよいと(首相に)言ってあるが、首相の考えもそのように受けとった」とし、首相のそうした考えを「全面的に支持する」と語った。

*カテゴリーを変更して再送します。

伊藤純夫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up