October 31, 2019 / 1:24 AM / 14 days ago

サムスン電子、第3四半期は56%営業減益 チップ需要20年に改善へ

[ソウル 31日 ロイター] - 韓国のサムスン電子(005930.KS)が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比56%減少した。半導体セクターの低迷が続く中、メモリーチップ価格の下落に圧迫された。ただ、2020年にはチップ販売が上向くとの見通しを示した。

 10月31日、韓国のサムスン電子<005930.KS>が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比56%減少した。写真はソウルにあるオフィス。2018年3月23日撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

データセンター顧客からの需要が見込まれるほか、第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォンが増えており、チップ見通しに明るい兆しがみられていると指摘した。

その上で、マクロ経済環境は引き続き不透明で、2020年の見通しは慎重さをもって受け止められるべきだとした。米中貿易関係に言及したとみられる。

営業利益は7兆8000億ウォン(67億米ドル)で、自社の事前予想の7兆7000億ウォンをやや上回った。

売上高は5.3%減の62兆ウォンで自社予想と一致した。

サムスンの利益は前年比で4四半期連続で減少しており、アナリストは第4・四半期も減益を予想している。

第3・四半期のモバイル部門の営業利益は32%増の2兆9000億ウォンで、営業利益全体の減少を抑制。2016年に発生したバッテリー不具合の問題から同事業が回復する中、2018年第1・四半期以来の高水準となった。

ただ第4・四半期のモバイル部門利益は減少すると警告。マーケティング費用は増加し、旗艦モデルの販売は投入直後のピークから落ち着いていると説明した。

ライバルの米アップル(AAPL.O)が発表した年末商戦にかかる10─12月の見通しは、市場予想を上回った。サービス事業、ウエアラブル端末、新型iPhoneの需要が好調だとした。[nL3N27F5PS]

HI投資証券のアナリストはサムスンについて「新型スマホの効果は第4・四半期に薄れる可能性が高い。消費者は数カ月前に発売された『ノート』の新型モデルがそれほど魅力的だとはもう感じていない」と指摘。「出荷台数が減少し、最終的に利益も減る」と述べた。

サムスンのモバイルコミュニケーションズ事業のバイスプレジデント、Lee Jong-min氏は電話会見で、モバイル事業が低下傾向にあると指摘。「モバイル市場は通常では、季節要因により年末の時期は堅調に推移するが、世界的なマクロ環境の不透明感が続いていることから、需要は前年比で引き続き落ち込む見通しだ」と述べた。

最大の収益源である半導体部門の第3・四半期の営業利益は3兆1000億ウォンだった。供給過剰や電子機器への世界的な需要低迷を背景に、前年同期の4分の1以下となった。

ケープ投資証券のアナリストは「世界的な5Gスマホ販売は来年に本格化が見込まれ、メモリーチップ需要の堅調な伸びを下支えする」との見方を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below