for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスングループトップの公判が延期に、術後の高熱で

 3月25日、賄賂などの罪で起訴された韓国サムスングループの事実上トップで、サムスン電子副会長の李在鎔被告(52)の公判が4月22日に延期されたことが裁判所の記録で分かった。写真はソウルえ1月撮影(2021年 ロイター/KIM HONG-JI) 

[ソウル 25日 ロイター] - 賄賂などの罪で起訴された韓国サムスングループの事実上トップで、サムスン電子副会長の李在鎔被告(52)の公判が4月22日に延期されたことが裁判所の記録で分かった。韓国メディアによると、同被告は先週に緊急手術を受けてから高熱が続いているという。

李被告は虫垂炎の手術を19日に受けたと報じられていた。公判は25日に行われる予定だった。

公判の遅れや李被告の健康状態を巡る懸念は、サムスングループの所有構造改革の妨げになるとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up