for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国検察、サムスントップを起訴 株価操縦の疑い=当局者

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国の検察当局は、サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長を、株価操縦と背任の疑いで起訴した。当局者が1日、明らかにした。安定的な経営権掌握が目的だったという。

第三者委員会は先に、同副会長の不起訴が適当と勧告していたが、検察は資本市場操縦の重大性を踏まえ、起訴を決めた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up