Reuters logo
韓国サムスン電子、中国で華為技術を提訴 特許侵害で
2016年7月22日 / 00:56 / 1年前

韓国サムスン電子、中国で華為技術を提訴 特許侵害で

[ソウル/香港 22日 ロイター] - 韓国のサムスン電子(005930.KS)は22日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]による特許侵害があったとして、中国の複数の裁判所に提訴したと発表した。世界シェアが1位と3位のスマートフォンメーカーによる訴訟合戦が激化する可能性がある。

 7月22日、韓国のサムスン電子は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]による特許侵害があったとして、中国の複数の裁判所に提訴したと発表した。訴訟合戦が激化する可能性がある。写真はソウルで7月撮影(2016年 ロイター/ Kim Hong-Ji)

広報担当者によると、サムスン電子は約2週間前に北京の裁判所で、華為技術が6件の特許を侵害したとして提訴。訴訟対象の特許の種類や、ほかに中国のどの裁判所で訴訟を起こしたのかについては明らかにしなかった。

同社はロイターに対し「この問題の穏便な解決に向けて努力したにもかかわらず、自社の知的財産権を保護するため訴訟に踏み切らざるを得なくなったことは遺憾」とコメントした。

一方、中国の深センに拠点を置く華為技術は、「正式な訴状」を受け取っていないとした上で、必要な場合は自社を擁護すると表明。「話し合いによる解決ができない場合は、訴訟が最も効率的な解決方法になりうる」とした。

華為技術は5月、特許侵害でサムスン電子を米中で提訴している。

CIMBのアナリスト、Lee Do-hoon氏は、サムスン電子も華為技術も、訴訟の動機は金銭的補償ではない可能性が高いと指摘。華為技術は世界最大手企業を提訴することで知名度向上を狙った可能性がある一方、サムスン電子は、華為技術との訴訟をできるだけ早期に和解に持ち込むために同社を提訴した可能性があるとした。

また、両社が最終的に特許のクロスライセンス契約などで合意するとの見方を示した。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below