June 27, 2018 / 12:37 AM / 21 days ago

S&P、米国の格付けを「AA+」で据え置き 見通しは「安定的」

[26日 ロイター] - 格付会社S&Pグローバル・レーティングは、米国の自国通貨建て長期ソブリン格付けを「AA+」、短期格付けを「A―1+」で据え置いた。見通しは「安定的」。

S&Pは、貿易相手国との関係の不透明さに焦点が当たる中で、米国のモノとサービスの貿易パターンは概して変わらないとの見通しを提示。貿易協定や関税に関する再交渉における緊張感の高まりが、短期的に米経済への打撃になる恐れは小さいとした。ただ、貿易政策を巡る不透明感から、投資が様子見の状態になる可能性はあるとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below