December 22, 2015 / 12:19 AM / in 4 years

サンリオ、330万人のユーザー情報流出との報道で調査

 12月21日、セキュリティー情報サイトのCSOオンライン・ドット・コムによると、「ハローキティ」ブランドを保有する日本のサンリオのデータベースがシステム侵害を受け、330万人のユーザー個人情報が悪用される恐れが出ている。台湾で2012年4月撮影(2015年 ロイター/Pichi Chuang)

[21日 ロイター] - 「ハローキティ」ブランドを保有するサンリオは21日、同社のデータベースがシステム侵害を受け、330万人のユーザー個人情報が漏えいしたとするセキュリティー情報サイトのCSOオンライン・ドット・コムの報道について、調査していることを明らかにした。

CSOオンラインによると、漏えいした個人情報には、ユーザーの氏名やメールアドレス、暗号化されたパスワードが含まれる。セキュリティー研究者のクリス・ヴィッカリー氏の話として伝えた。

漏えいしたデータの中に何らかの金融情報が含まれているかは不明という。

サンリオの広報担当者は「ウエブサイトのサンリオタウンに対するセキュリティー侵害があったとされる件について現在調査している。確認後、直ちに情報提供する」と話した。

米EMCEMC.Nのセキュリティー部門であるRSAのゼネラルマネージャー、ピーター・トラン氏は「この種のサイトには財務データが記録されている可能性が非常に大きい」と指摘、金融情報が盗まれた可能性もあると付け加えた。その上で「第三者がシステムを制圧するために無防止な状態にした上で、現在のようなやり方でセキュリティー侵害を行った可能性がある」との見方を示した。

アジアの玩具メーカーのデータベースが大規模な不正侵入を受けたのは、この2カ月で2度目となる。

香港の玩具メーカー、偉易達集団(Vテック・ホールディングス)(0303.HK)は11月、サイバー攻撃によって子ども用ゲームや教育コンテンツなどをダウンロードするポータルサイトにアクセスする顧客の情報が盗まれたと発表した。

ヴィッカリー氏のコメントは現在のところ得られていない。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below