July 29, 2020 / 10:52 AM / 5 days ago

サンタンデール第2四半期、純損失が過去最大の111億ユーロ

 7月29日、スペインの金融大手サンタンデールが発表した第2・四半期決算は純損失が過去最大の111億ユーロ(130億ドル)となった。写真は2016年1月、スペイン南部のセビリアで撮影(2020年 ロイター/ Marcelo del Pozo)

[マドリード 29日 ロイター] - スペインの金融大手サンタンデール(SAN.MC)が29日発表した第2・四半期決算は純損失が過去最大の111億ユーロ(130億ドル)となった。

新型コロナウイルスの感染拡大による景気低迷を受けて、過去に買収した企業の評価損126億ユーロを計上したことが響いた。このうち101億ユーロがのれん代の償却、25億ユーロが繰り延べ税資産に関連するものだった。

減損損失は自己資本の水準に影響しないとしている。

一時項目を除いた実質ベースの帰属利益は前年同期比27%減の15億3000万ユーロだった。

低金利環境の中、純金利収入は14%減の77億2000万ユーロとなった。収入は15%減の104億6000万ユーロだった。

ロイターがまとめたアナリスト予想は純金利収入が77億5000万ユーロ、収入が105億6000万ユーロだった。

0740GMT(日本時間午後4時40分)時点でサンタンデールの株価は3.5%安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below