for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独SAP、業績予想を上方修正 今年2度目

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツの統合基幹業務システム(ERP)大手SAPは21日、今年2度目となる業績予想の引き上げを行った。 クラウド部門の通年売上高の伸びは15─18%になると予想。

クラウドとソフトウエアの売上高の伸びは2─3%を見込む。営業利益は横ばいから4%減と予想している。

クリスティアン・クライン最高経営責任者(CEO)は「顧客は事業変革でSAPを選んでおり、われわれのクラウドポートフォリオが採用されている。われわれの戦略はうまくいっている」と語った。

SAPは昨年10月、クラウド型に全面移行すると表明し、中期の利益率目標を取り下げた。

第2・四半期の売上高は3%増の66億7000万ユーロ(78億5000万ドル)で、リフィニティブがまとめたアナリスト予想中央値と一致した。営業利益は3%増の19億2000万ユーロ。

通年のクラウド・ソフトウエアの売上高予想を2億ユーロ引き上げ、236億─240億ユーロとした。営業利益は79億5000万─82億5000万ユーロとし、従来予想レンジ下限から1億5000万ユーロ引き上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up