August 3, 2018 / 7:27 AM / 15 days ago

サッポロHD、今期営業益予想を下方修正 国内ビール類が不振 

[東京 3日 ロイター] - サッポロホールディングス (2501.T)は3日、2018年12月期の連結営業利益予想(国際会計基準)を187億円から161億円(前年比25.7%増)に下方修正すると発表した。上期時点で国内ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の販売が不振だったほか、販促費も利益を下押しした。

 8月3日、サッポロホールディングスは、2018年12月期の連結営業利益予想(国際会計基準)を187億円から161億円(前年比25.7%増)に下方修正すると発表した。写真は都内で2090年1月撮影(2018年 ロイター)

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト6人の営業利益予測の平均値は162億円となっている。

連結営業収益も5558億円から5378億円(同0.2%増)に引き下げた。

1―6月期のビール類の販売数量は前年同期比9%減と苦戦した。特にプレミアムビールの「エビス」は同14%減と大きく減少した。昨年、エビスのエクステンション商品「華みやび」を出したことの影響も出ている。また、他社のヒット商品に押された新ジャンルも10%減となった。

昨年6月からの酒類の安売り規制強化と春の業務用の値上げにより、ビールから缶チューハイなどのRTD(Ready To Drink)に需要が流れている。

征矢真一取締役は会見で「猛暑のプラス要因はあるが、下期もビール類の総需要はマイナスだろう」としたうえで「ビール強化という方針は変えない」とした。

一方、国際事業は、北米の飲料事業の立て直しに時間を要しているものの、ベトナム事業は「アジア全体の工場とすることで生産性があがった。年間で黒字化が見えてくる」という。

18年1―6月期の連結売上収益は前年比3.6%減の2417億円、営業損益は30億円の赤字(同11億円の黒字)だった。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below