January 25, 2019 / 3:11 AM / 24 days ago

サッカー=飛行機ごと行方不明のサラ、捜索が打ち切り

 1月24日、英領チャネル諸島付近で搭乗した軽飛行機ごと消息を絶っていたサッカーのアルゼンチン人選手、エミリアノ・サラの捜索活動が打ち切りとなった。写真はカーディフ本拠地前。カーディフで23日撮影(2019年 ロイター/Rebecca Naden)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英領チャネル諸島付近で搭乗した軽飛行機ごと消息を絶っていたサッカーのアルゼンチン人選手、エミリアノ・サラ(28)の捜索活動が24日に打ち切りとなった。ガーンジー港長が声明で発表した。

サラはフランス1部ナントからイングランド・プレミアリーグ、カーディフへの移籍が決定していたが、21日にナントからカーディフの本拠地であるウェールズへ向かう途中、同選手を乗せた機体が英領チャネル諸島付近でレーダーから消失した。

救助隊は、付近1700スクエアマイル(約4400平方キロメートル)ほどの海域を捜索したものの機体は発見されなかった。ガーンジーのデビッド・バーカー港長は声明で、「できる限りすべての情報を見直し、非常用装備が機内にあったことも確認しているが、捜索打ち切りという難しい決断を下した」と述べた。

同港長は、3機の飛行機、5機のヘリコプター、救命ボート2隻に加え、捜索エリアの船も手助けし、80時間にわたる捜索を行ったとコメント。「積極的な捜索活動は打ち切るものの、同海域のすべての船と航空機に対し、機体の痕跡に注意するよう今後も呼びかけ続ける」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below