Reuters logo
土星衛星エンケラドスの氷の雲に水素、微生物誕生の環境示す
April 14, 2017 / 8:40 AM / 8 months ago

土星衛星エンケラドスの氷の雲に水素、微生物誕生の環境示す

[13日 ロイター] - 科学誌サイエンスに、土星の衛星で海を持つエンケラドスが宇宙に放出している氷の雲(プリューム)に、熱水噴出孔から出た水素が含まれているとの研究結果が掲載された。一部研究者は、この環境が地球での生命誕生をもたらしたと考えている。

 4月13日、科学誌サイエンスに、土星の衛星で海を持つエンケラドスが宇宙に放出している氷の雲(プリューム)に、熱水噴出孔から出た水素が含まれているとの研究結果が掲載された。一部研究者は、この環境が地球での生命誕生をもたらしたと考えている。写真イラストはNASA/JPL-Caltech提供のエンケラドスの氷の雲(プリューム)(2017年 ロイター)

現時点で科学者が発見しているものとして、エンケラドスは、地球外で生命エネルギーの原料の存在を示す直接の根拠が見つかった初の星となる。

地球では、40億年以上前に、熱い岩石が海水と接するというよく似た環境が、微生物誕生の場となった可能性があるとみられている。

米マサチューセッツ州ウッズホール海洋学研究所の地球科学者ジェフリー・シーウォルド氏は、記事に寄せた論評で「この観察が正しければ、エンケラドス上に生命体が存在する根源的な可能性が示唆されたことになる」と述べた。

今回の分析は、米航空宇宙局(NASA)の土星探査機「カッシーニ」が2015年10月、エンケラドスの南極点上空49キロを飛行してプリュームに入り、標本を採取したことから実現した。カッシーニは今年9月、土星と62個の衛星を探査する13年間の任務を終える。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below