September 17, 2019 / 9:59 AM / 2 months ago

中国、前日よりも強い表現でサウジ石油施設攻撃を非難

 9月17日、中国外務省の華春瑩報道官は記者会見で、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について、前日よりも強い表現で非難したものの、攻撃の背後関係への言及は再び避けた。写真は中国天安門広場に掲揚されたサウジアラビアと中国の国旗。2月21日、北京で撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 17日 ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は17日の記者会見で、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について、前日よりも強い表現で非難したものの、攻撃の背後関係への言及は再び避けた。

トランプ米大統領は16日、サウジの石油施設に対する攻撃について、イランが背後にいる公算が大きいとの見方を示した。ただ、イランはこれまでにこうした見方を否定している。

華報道官は「中国はサウジアラビアの石油施設に対する今回の攻撃を非難し、民間人もしくは民間施設に対するいかなる攻撃にも反対する」と述べた。前日には、決定的な事実もなく誰かを非難するのは無責任だと述べていた。

一方で、前日と同様に「当事国は地域の緊張を高める行動を回避するよう」求めた。

中国は、経済、エネルギー分野でサウジ、イラン双方と緊密な関係にあり、両国に対する対応では慎重な配慮を求められている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below