September 20, 2019 / 1:24 AM / 24 days ago

米国、サウジ攻撃受け連合形成へ 「平和的解決望む」

[ドバイ 20日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は19日、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、イランによる脅威を抑止する連合形成に取り組んでいると明らかにし、トランプ米大統領は事態の平和的解決を望んでいると述べた。

 9月19日、ポンペオ米国務長官(左)は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、イランによる脅威を抑止する連合形成に取り組んでいると明らかにし、トランプ米大統領は事態の平和的解決を望んでいると述べた。写真はジッダで18日撮影(2019年 ロイター)

一方、イランは、攻撃を受ければ壊滅的な対抗措置を講じると警告した。

ポンペオ長官はこれまでにサウジ石油施設への攻撃は「戦争行為」に当たるとの見方を示していたが、アラブ首長国連邦(UAE)の事実上の指導者であるアブダビ首長国皇太子との19日の会談後、態度を軟化させたもようだ。[nL3N2693LB]

ポンペオ長官は記者団に対し「平和と平和的解決を目指す連合を形成するためにここに来ている。それが私の使命であり、トランプ大統領は私がそれを達成することを期待している。イランもそう受け止めることを望む」と語った。

詳細は明らかにしなかったが、中東で石油タンカーが攻撃されて以降、米国は海洋安全保障の確保に向けた有志連合への参加を各国に呼びかけてきた。

ポンペオ氏は連合形勢の取り組みを「外交行為」と表現した。

一方、イランのザリフ外相はCNNとのインタビューで19日、米国やサウジアラビアがイランに軍事攻撃を仕掛けるなら、イランは「全面戦争」で応じると述べた。

<国連総会に注目>

ポンペオ国務長官は、来週ニューヨークで開かれる国連総会ではサウジ石油施設への攻撃が大きな焦点になるとの見方を示し、サウジが問題を提起する可能性があることを示唆した。[nL3N26A4UW]

イランの国連代表部は19日、国連総会に出席する予定のロウハニ大統領とザリフ外相に対して米国がビザ(査証)を発給したと明らかにした。[nL3N26A4LY]

イラン外務省報道官はツイッターで、ザリフ氏が国連総会に出席するため20日にニューヨークに向けて出発すると明らかにした。

<サウジ連合軍はイエメンで軍事作戦>

一方、サウジが主導する連合軍は20日、イエメンの港湾都市ホデイダの北側で「正当な標的」を狙った軍事作戦を実施したと表明、中東の緊張が一段と高まる可能性がある。

連合軍は海上の航行の自由を守るために、遠隔操縦小型船や機雷の製造が行われている4カ所の拠点を破壊したと明らかにした。

サウジ石油施設攻撃で犯行声明を出しているイエメンの親イラン武装組織フーシ派は傘下アル・マシラテレビを通じ、連合軍は昨年にスウェーデンで締結した、ホデイダでの停戦などに関する合意に違反したと主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below