November 25, 2019 / 12:12 AM / 15 days ago

サウジの銀行流動性、アラムコIPOで悪影響受けず=中銀総裁

[リヤド 24日 ロイター] - サウジアラビア通貨庁(中央銀行に相当)のアハメド・ホリフィ総裁は24日、国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)は今のところ銀行の流動性に悪影響を及ぼしていないとの見方を示した。

アラムコは株式の1.5%を売り出し、最大で256億ドルを調達する計画。地元金融機関によると、既に機関投資家と個人から約730億リヤル(195億ドル)の購入予約を確保している。2人の金融関係者がロイターに語ったところでは、これに関連してサウジの銀行は通常の4倍のペースで融資を申し出つつある。

しかしホリフィ氏は「われわれは日々、あらゆる指標を監視しており、流動性ひっ迫が起きれば確実に資金を注入する。だがこれまでのところ万事において不安はない」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below