September 18, 2019 / 4:27 PM / a month ago

サウジ、攻撃使用の無人機残骸を公表 イラン関与「疑いない」

[リヤド/ドバイ 18日 ロイター] - サウジアラビア国防省は18日、サウジアラムコの石油施設の攻撃に使用された無人機(ドローン)と巡航ミサイルの残骸を公表した。サウジは双方ともイランのものとしており、こうした残骸は同国の関与を示す「否定できない」証拠だとした。

サウジ国防省のマルキ報道官は記者会見で、14日の攻撃では合計25の無人機と巡航ミサイルが使用されたとし、無人機はイランの「デルタ・ウイング無人航空機(UAV)」、巡航ミサイルはイラン革命防衛隊が使用している「ヤ・アリ」と識別されたと明らかにした。「攻撃は北方から行われており、イランが背後にいたことに疑いがない」とし、無人機とミサイルの残骸が証拠となり、こうした疑いは「否定できない」と述べた。

この攻撃を巡ってはイエメンの親イラン武装組織フーシ派が無人機で攻撃したと犯行声明を発表しており、イランは関与を否定している。

サウジはイエメン内戦を戦う有志連合軍を主導しているが、有志連合軍の報道官も務めるマルキ氏は、攻撃はサウジの南に位置するイエメンから行われたものではないと改めて強調。フーシ派はイランのために罪をかぶっているとし、巡航ミサイルの精度を踏まえると、攻撃は親イラン派の能力を超えるものだったとの見解を示した。

マルキ報道官によると、無人機18機とミサイル3基は世界最大の石油施設があるアブカイクを標的としていたが、ミサイルは標的に達しなかった。このほか、4基のミサイルがクライスを標的としていたことも明らかにした。同報道官によると、「ヤ・アリ」ミサイルの射程距離は700キロ。ただどこから攻撃が行われたかについては、当局は現在、正確な地点の特定に努めていると述べるにとどめ、記者団の質問に直接回答することは避けた。

イラン大統領のアドバイザーであるフサメディン・アシュナ氏は18日、ツイッターへの投稿で「サウジの記者会見では、ミサイルやドローンがどこで製造され、どこから発射されたのかについて何も分かっていないことが示され、サウジの防衛システムがそれらを迎撃できなかった理由についても説明されなかった」と指摘した。

こうした中、フーシ派はこの日、攻撃に使用したとする無人機の詳細な情報を開示。アラブ首長国連邦(UAE)も攻撃の対象になると警告した。

サウジアラビア国防省は18日、サウジアラムコの石油施設の攻撃に使用された無人機(ドローン)と巡航ミサイルの残骸を公表し、イランの関与を示す「否定できない」証拠だとした(2019年 ロイター/HAMAD I MOHAMMED)

フーシ派のサリア報道官はテレビ放映された演説で、フーシ派はジェットエンジンなどを搭載した新型無人機を所有しているとし、「敵国」の奥深くまで攻撃できると主張。サウジに対する攻撃では、一部爆弾を搭載した「サマド3」などの無人機を投入したと述べた。

その上で「アラブ首長国連邦内の複数の標的が攻撃可能な範囲内にあることを、きょう初めて明らかにする」とし、「一部の標的はアブダビにあり、いつでも攻撃できる状態になっている」と述べた。

*内容を更新して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below