August 24, 2018 / 3:37 AM / a month ago

カナダ首相、サウジの人権状況を引き続き懸念

[ナナイモ(加ブリティッシュコロンビア州) 23日 ロイター] - カナダのトルドー首相は23日、政府はサウジアラビアに外交的に関与しているものの、同国の人権状況を巡る自身の懸念に変わりはないと述べた。両国関係は、拘束されているサウジの人権活動家を解放するようカナダが求めたことから悪化している。

 8月23日、カナダのトルドー首相(写真)は、政府はサウジアラビアに外交的に関与しているものの、同国の人権状況を巡る自身の懸念に変わりはないと述べた。写真はモントリオールで8日撮影(2018年 ロイター/Christinne Muschi)

トルドー首相はブリティッシュコロンビアで開かれた閣議後、記者団に対し「われわれは引き続きサウジアラビアに外交的に関与しており、世界各国と前向きな関係を持つことは重要だと私は考えている」と述べた。サウジ検察当局が活動家の死刑を求めているとの報道に関する質問に答えた。

その上で「同時に、われわれはサウジアラビアによって下される判決に懸念を表明している」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below