for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジのムハンマド皇太子、ヨルダン国王と会談 新規投資に期待の声

 6月21日、サウジアラビアの実力者であるムハンマド皇太子(中央)は、訪問先のヨルダンでアブドラ国王(中央右)と会談した。アンマンの空港で撮影(2022年 ロイター/Alaa Al Sukhni)

[アンマン 21日 ロイター] - サウジアラビアの実力者であるムハンマド皇太子は21日、訪問先のヨルダンでアブドラ国王と会談した。サウジが約束したヨルダン支援策が実行されないなどの理由で冷え込んでいた両国関係は改善しつつあり、ヨルダンの高官からは新規投資を期待する声も出ている。

会談後に発表された声明によると、ムハンマド皇太子は「関係を新たな段階に押し上げる」ことに意欲を示し、「ヨルダンには、われわれが積極的な参加を望む大きなチャンスがあり、そのような投資は両国に利益をもたらすだろう」と述べた。

サウジはこの数年でヨルダン向けに少なくとも30億ドルの投資プロジェクトを約束しているが、まったく実現していない。産業界トップや政府関係者はこうした投資の実施を期待している。

ヨルダンの高官によると、サウジの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、推定25億ドルの鉄道プロジェクトを含むヨルダンの大型インフラ案件に対する数十億ドル規模の投資を検討している。

サウジアラビアはこれまでヨルダンに120億ドル余りの投資を行い、支援として現金を提供したこともあるが、直接的な財政支援には踏み込んでいない。

ヨルダンは必要なエネルギーの大半を輸入しており、ウクライナ戦争の影響で経済が苦境にあえいでいる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up