September 18, 2019 / 2:17 PM / a month ago

サウジ攻撃、歳入への影響ない アラムコIPO推進へ=財務相

[リャド 18日 ロイター] - サウジアラビアのジャドアーン財務相は18日、ロイターとのインタビューで、週末に起きたサウジアラムコの石油施設攻撃が歳入に与える影響はないとし、同社の新規株式公開(IPO)計画を推進する考えを示した。

ジャドアーン財務相は「歳入面では影響はゼロだ」とし、「アラムコは滞りなく市場に供給を続け、このため収入も問題なく継続する」と述べた。

アブドルアジズ・エネルギー相も前日、攻撃で失われた日量570万バレルの生産量が月内に復旧し、生産能力は9月末までに日量1100万バレル、11月末までに同1200万バレルに到達するという見通しを示した。

ジャドアーン財務相は、アラムコが「サウジの回復力や、同社がこうした事件に対処可能であることをはっきり示した」と強調した。

一方、ウエストベック・キャピタル・マネジメントは顧客向けノートで「国内に弱さを見せないため、サウジ指導部は攻撃の影響を小さく見せるしか選択肢はない」と指摘。アラムコIPOを計画通りすすめることも平静を装うことにつながると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below