September 8, 2019 / 9:20 PM / 3 months ago

サウジ、エネルギー相に王族が就任 アブドゥルアジズ王子を起用

[ドバイ 8日 ロイター] - サウジアラビアは、ファリハ・エネルギー相の後任にアブドゥルアジズ・ビン・サルマン王子を起用した。 国営サウジ通信(SPA)が8日、国王令を引用する形で報じた。

同国の王族の一員がエネルギー相に就任するのは初めて。

アブドゥルアジズ王子は、石油輸出国機構(OPEC)への代表団のメンバーを長年にわたって務めており、石油業界で数十年の経験がある。OPECの政策決定にも関わっており、今回の人事でサウジの石油政策が変わることはないとみられる。

ファリハ氏はエネルギー産業鉱物資源相を務めていたが、サウジは先月、エネルギー産業鉱物資源省から産業鉱物資源省を独立させると発表。同氏は先週、国営石油会社サウジアラムコの会長職も解かれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below