April 4, 2018 / 6:42 AM / 19 days ago

サウジで配偶者の携帯覗き見禁止する法律、夫に有利に働く可能性

[ドバイ 3日 ロイター] - サウジアラビア文化情報省が2日夜、配偶者の携帯電話を覗き見る行為を犯罪とし、最高50万リヤル(約1410万円)か最大1年の禁錮刑、もしくは両方の刑罰を課す新法施行を発表した。「個人と社会の倫理とプライバシーの保護」が目的としている。

 4月3日、サウジアラビア文化情報省が2日夜、配偶者の携帯電話を覗き見る行為を犯罪とし、最高50万リヤル(約1410万円)か最大1年の禁錮刑を課す新法施行を発表した。写真は2014年5月撮影(2018年 ロイター/Mohamed Alhwaity)

新法は男女ともに適用されるが、サウジでは多くのイスラム諸国と同様、離婚する妻が慰謝料支払いを求める場合、夫による虐待や乱交を示す根拠を提示することが求められことが多く、そうした証拠の宝庫と成り得る携帯電話の覗き見を禁止する措置は夫に有利に働く可能性があるとみられている。

反サイバー犯罪法と呼ばれるこの法律では、「合法的な承認なしに、情報ネットワークやコンピューターを介して伝送されたデータを覗き見、傍受、受信」する行為を犯罪と定めている。

隣国アラブ首長国連邦(UAE)でも、こうした行為を禁止する類似の法律が施行されており、3カ月以上の禁錮刑と3000ディルハム(約9万円)の罰金が課されることになっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below