October 23, 2018 / 7:58 AM / 25 days ago

サウジPIF、ビジョン・ファンド通じ50─60社に投資=責任者

 10月23日、サウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」の責任者、ヤシル・アルルマヤン氏(写真)は、リヤドで開かれた投資会議で、同ファンドの約10%は国際的な資産であり、この資産の割合を2030年までに50%に引き上げる方針を明らかにした。ニューヨークで昨年9月撮影(2018年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[リヤド 23日 ロイター] - サウジアラビア政府系の公共投資ファンド(PIF)マネジングディレクター、ヤシル・アルルマヤン氏は23日、ソフトバンクグループ(9984.T)が設立したビジョン・ファンドを通じ、50─60社に投資していることを明らかにした。

PIFの運用資産は2500億ドル超。ビジョン・ファンドには450億ドル出資している。

リヤドで開催中の投資会議「未来投資イニシアチブ」で述べた。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は23日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、同会議での講演を取りやめると報じた。

同会議を巡っては、サウジ出身のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑を受けて、出席取りやめを表明する企業幹部が相次いでいる。[nL3N1X351D]

アルルマヤン氏はまた、同ファンドの約10%は国際的な資産であり、この資産の割合を2030年までに50%に引き上げる方針を明らかにした。

同氏は「2030年には、50%を海外で、50%を国内で保有したい」と述べた。

さらに電気自動車(EV)について、市場シェアを拡大しつつあり、PIFはサウジでEV産業を現地化したいとも語った。

*カテゴリーを変更し、内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below