November 20, 2018 / 12:45 AM / 21 days ago

ドイツ、サウジ記者殺害巡り18人の欧州渡航を禁止 武器売却凍結

 11月19日、ドイツは、サウジアラビア人の著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害に関与した疑いのある同国籍の18人について欧州の大部分への渡航を禁止するとともに、サウジへの武器売却を凍結した。ろうそくとポスターを持ちカショギ氏殺害に抗議する人たち。イスタンブールで10月に撮影(2018年 ロイター/Osman Orsal)

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツは19日、サウジアラビア人の著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害に関与した疑いのある同国籍の18人について欧州の大部分への渡航を禁止するとともに、サウジへの武器売却を凍結した。

18人は、欧州諸国を国境検査なしで自由に往来できる「シェンゲン協定」に加盟する26カ国に渡航できなくなる。

マース外相はこの決定について、同協定に加盟するフランスと非加盟の英国と緊密に連携したと明らかにし、欧州連合(EU)諸国も19日にブリュッセルで説明した際に「多大な支持」を表明したと述べた。

同相は「われわれはこれまでの捜査結果に満足していないこと、追加措置を取る権利を保持していることを示す共同声明を週末に出した」と指摘した。

ドイツはまた、武器製造業者に認可済みの出荷を停止するよう求めた。同国は先月すでに、サウジ向け武器の輸出免許の発行を停止している。

「シェンゲン協定」の加盟国は安全保障上のリスクがあると見なした場合、一方的に特定の人物の入国を禁止できるが、1つの国がこうした政治的にデリケートな問題を理由にこれほどの広範囲に及ぶ渡航禁止措置を講じるのはまれ。

外務省の報道官によると、渡航を禁止されるのはカショギ氏を殺害したとされる15人と殺害を計画したとされる3人。同報道官は、18人の名前は明らかにせず、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が含まれているかとの質問にはコメントを控えた。

内務省報道官は、対象者が外交官用パスポートを所持していたとしても渡航禁止は適用されると述べた。

防衛分野の専門家はドイツの輸出停止について、リュールセン製巡視船の販売や、仏タレス(TCFP.PA)、欧州エアバス(AIR.PA)、米ロッキード・マーチン(LMT.N)などが参加するコンソーシアムが製造を手掛ける対砲兵レーダー4基が主な影響を受けると指摘している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below