for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジ皇太子「カショギを黙らせろ」、CIAが録音保有=報道

 11月22日、トルコのニュースサイト、ヒュリエットは、サウジアラビアのムハンマド皇太子が「できる限り早くジャマル・カショギを黙らせろ」と電話で命令しており、米中央情報局(CIA)がその音声記録を保有していると報じた。イスタンブールで10月撮影(2018年 ロイター/Osman Orsal)

[イスタンブール 22日 ロイター] - トルコのニュースサイト、ヒュリエットは22日、サウジアラビアのムハンマド皇太子が「できる限り早くジャマル・カショギを黙らせろ」と電話で命令し、米中央情報局(CIA)がその音声記録を保有していると報じた。

ハスペル長官が先月アンカラを訪問した際、録音記録の存在を「示唆」したと、トルコの著名コラムニストが明らかにしたという。

ヒュリエットのアブドゥルカディル・セルビ記者はコラムの中で「新たな録音記録(の存在)に関するうわさがある」とした上で、ムハンマド皇太子と兄との電話のやりとりを録音した記録があるとみられ、ハスペル長官はトルコ訪問中にこの録音記録の存在を示唆したとされると指摘。2人の通話はCIAによって傍受され、会話の中で「皇太子は『できる限り早くジャマル・カショギを黙らせろ』と指示したという」と述べた。

サウジ人著名記者のカショギ氏はトルコのサウジ総領事館で殺害された。

トルコ政府高官はロイターの取材に対し、そうした音声記録に関する情報は持っていないと述べた。

サウジはこれまでに、ムハンマド皇太子がカショギ氏殺害を事前に関知していなかったと表明している。

CIAは報道についてコメントを控えた。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up