November 12, 2018 / 12:26 AM / a month ago

トルコ大統領、サウジ記者殺害の音声記録を5カ国に提供

 11月10日、サウジアラビアの記者ジャマル・カショギ氏がトルコで殺害された事件を巡り、トルコのエルドアン大統領は、殺害に関連した音声記録をサウジも含めた5カ国に提供したことを明らかにした。写真は抗議運動をする人たちの持つカショギ氏のポスター。イスタンブールで10月撮影(2018年 ロイター/OSMAN ORSAL)

[イスタンブール 10日 ロイター] - サウジアラビアの記者ジャマル・カショギ氏がトルコで殺害された事件を巡り、トルコのエルドアン大統領は10日、殺害に関連した音声記録をサウジも含めた5カ国に提供したことを明らかにした。

サウジ政府を批判してきたカショギ氏は先月、トルコのイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された。エルドアン大統領は、サウジ政府の最高位指導者が殺害を指示したと指摘している。

エルドアン氏は、第1次世界大戦終結100年記念式典に出席するための訪仏に先立ち「サウジ、米国、ドイツ、フランス、英国に録音テープを渡した。各国はテープの中の全ての会話を聞いた」と語った。

エルドアン氏はテープの録音内容について詳細は明らかにしていないが、2人の関係筋によると、トルコは複数の音声記録を持っている。殺害時の録音記録や、殺害日前の会話記録などという。こうした記録から、トルコは当初から計画的な殺害だったと結論付けていたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below