October 22, 2018 / 2:52 PM / a month ago

トルコ政府高官、記者死亡めぐるサウジ政府の説明に不満

[イスタンブール 22日 ロイター] - トルコの大統領顧問は22日、サウジアラビア政府に批判的だった記者ジャマル・カショギ氏の死亡原因を巡るサウジアラビア政府の説明を、国際世論を嘲るものと批判した。すでに、西側諸国からサウジ政府の説明に対する不満の声がでている。

イスタンブールのサウジ総領事館訪問後に行方不明になっていたカショギ氏について、サウジ政府側の説明は二転三転し、21日にジュベイル外相は、ならず者の仕業で死亡したと述べた。

エルドアン・トルコ大統領の顧問で、カショギ氏の友人でもある Yasin Aktay氏は、政府寄りの新聞への寄稿で「15人の若い戦闘員との『殴り合い』、それも60歳の丸腰のカショギ氏を相手にそんなことが起こるのかと首を傾げざるを得ない」と述べた。

エルドアン大統領は、カショギ氏の問題について23日に声明を発表する予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below