October 18, 2018 / 2:21 AM / a month ago

サウジとクウェートの中立地帯油田、生産再開が困難に

 10月17日、サウジアラビアとクウェートが両国間の中立地帯で共同運営している油田での生産再開が困難な情勢となっている。運営上の問題や政治的な関係悪化が背景。写真は会談時にサウジアラビアのムハンマド皇太子(左)を迎えるクウェートのサバーハ首長(右)。9月にクウェートで撮影。サウジアラビア王宮提供(2018年 ロイター)

[ドバイ/ロンドン 17日 ロイター] - サウジアラビアとクウェートが両国間の中立地帯で共同運営している油田での生産再開が困難な情勢となっている。運営上の問題や政治的な関係悪化が背景。匿名の関係筋が明らかにした。

両国は、中立地帯に位置するカフジ、ワフラ両油田の生産を3年以上前から停止している。両油田の原油生産量は世界全体の0.5%(日量50万バレル)を占めている。

サウジのムハンマド皇太子は先月、中立地帯での原油生産再開について協議するため、クウェートを訪問。しかし、関係筋によると交渉は物別れに終わった。両油田を巡り、サウジ側がより多くの支配権を求めたが、これにクウェートが反発したためという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below