May 13, 2020 / 1:39 AM / 3 months ago

サウジ、OPECプラスに一段の減産要請=国営通信

[ロンドン 13日 ロイター] - サウジアラビア内閣は、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」加盟国に一段の減産を求めた。国営サウジ通信(SPA)が13日報じた。

「サウジのイニシアティブは、国際石油市場の需給バランス是正に向け、『OPECプラス』加盟国とその他の産油国に対し、減産量の順守と一段の減産を求めることを目的としている」という。

「OPECプラス」は4月、5─6月に過去最大規模となる日量970万バレルの減産を行うことで合意した。

さらにサウジは11日、6月の産油量を追加的に日量100万バレル削減する方針を表明した。「OPECプラス」の減産合意に上乗せするもので、追加分は世界的な供給の1%に相当する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below