October 2, 2019 / 12:47 AM / in 13 days

中国の独立系製油所へのサウジからの原油供給、10月中に通常通りに

10月1日、サウジアラビア国営会社サウジアラムコが中国の独立系製油会社、浙江石油化工に行っている原油供給は10月中に通常通りに戻る見通しだ。写真は攻撃を受けたサウジアラムコの施設で、パイプラインを復旧する作業員。9月20日撮影(2019年 ロイター/Hamad l Mohammed)

[シンガポール 1日 ロイター] - サウジアラビア国営会社サウジアラムコが中国の独立系製油会社、浙江石油化工に行っている原油供給は10月中に通常通りに戻る見通しだ。親会社である浙江栄盛集団の関係者が明らかにした。9月には、アラムコ石油施設への攻撃で、わずかな供給混乱が見られた。

浙江石油化工の製油所に原油調達を行うトレーディング部門幹部はロイターに対し、「9月に調整があったが、10月のオペレーションは通常通りとなるだろう」と述べた。

また別の関係者によると、浙江石油化工は9月にアラブ・ライト原油(100万バレル)をアラブ・ヘビー原油へ代替した。また、大型タンカー1隻への荷積み作業で2─3日の遅れが出たという。

一方10月については、アラムコは要望に沿った量とグレードの原油供給を行うとしている。 浙江石油化工は処理能力が日量40万バレルの製油所を運営。アラムコと、最大日量17万バレルの原油供給契約を結んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below