December 20, 2018 / 5:14 AM / 3 months ago

世界の石油在庫、第1四半期末までに減少へ=サウジ・エネルギー相

 12月19日、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業資源鉱物相(写真)は、世界の石油在庫が第1・四半期末までに減少するとの見通しを示した。写真は10月にニューデリーで撮影(2018年 ロイター/Adnan Abidi)

[リヤド 19日 ロイター] - サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業資源鉱物相は、世界の石油在庫が第1・四半期末までに減少するとの見通しを示した。ただ、相場は引き続き政治・経済面の要因や投機の動きに左右されると指摘した。

ファリハ氏は記者団に対し「われわれは引き続きファンダメンタルズ(基礎的条件)を注視している。2019年に需給均衡を達成すると言明できる」と述べた。

また、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど主要非加盟産油国が今月7日に合意した協調減産について、各国は履行にコミットしていると強調し、ここ数週間で供給は既に減少し始めたと述べた。

米中貿易摩擦によってサウジと中国の関係が影響を受けることはないとの見方も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below