Reuters logo
ロシア・サウジなど4カ国、原油在庫削減へ一段の取り組みの用意
2017年11月5日 / 23:41 / 17日前

ロシア・サウジなど4カ国、原油在庫削減へ一段の取り組みの用意

[タシケント/モスクワ 4日 ロイター] - ロシアのエネルギー省は4日、サウジアラビア、ウズベキスタン、カザフスタンの当局者との会合を開いた。終了後に発表した声明では、4カ国は世界の原油在庫の削減に向けて一段の取り組みを行う用意があると表明した。

声明では「各国参加者は原油の商業在庫削減に満足を示し、削減に向けた共同の取り組みを継続する用意があると表明した」としている。

石油輸出国機構(OPEC)は11月末にウィーンで開く総会で加盟国とロシアなど非加盟国による協調減産合意を延長するかどうか判断する。ロシア・エネルギー省によると、総会にはトルクメニスタンがオブザーバーとして出席する。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は会合後、在庫削減の一段の取り組みが必要だとの考えを示した。

同相は「協調減産合意に署名した24カ国の間では、総じて(減産の)戦略に対する満足感がある」とした上で、「仕事が決して終わっていないことを誰もが認識している。在庫を減らすためには依然として相当の取り組みが必要だ。任務は完了していない」と強調した。

さらに、カザフスタンやマレーシア、エクアドル、ナイジェリア、リビアなどの当局者も同様の考えを示しているとし、「誰もが各国と協調し減産合意を支持する姿勢を示している」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below