October 16, 2018 / 8:33 PM / a month ago

ブラックロックCEO「サウジと関係断たない」、記者失踪巡り

[16日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロック(BLK.N)のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は16日、サウジアラビアの反政府記者が行方不明となっている問題を受け、同国との関係を絶つことは考えていないと語った。

今月初旬から行方不明となっているサウジの記者ジャマル・カショギ氏を巡っては、サウジ政府の指示によって殺害されたとの疑惑が浮上している。

サウジのサルマン国王もしくはムハンマド・ビン・サルマン皇太子が殺害を指示したことが明らかになった場合、サウジとのビジネス上の関係をすべて断ち切るかとのCNBCの質問に対し、フィンクCEOは「それはない」と応じた。

サウジの首都リヤドでは今月下旬、経済フォーラム「砂漠のダボス会議」が開催されることになっていたが、カショギ氏失踪問題を受け、フィンクCEOほか、JPモルガン・チェース(JPM.N)のジェイミー・ダイモンCEOやHSBCホールディングス(HSBA.L)のジョン・フリントCEOらが相次いで出席を見合わせている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below