October 15, 2018 / 4:16 PM / a month ago

米大統領、失踪記者巡り国務長官をサウジへ ならず者関与示唆

[アンカラ/ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、サウジアラビア反政府記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった問題を巡り、ポンペオ国務長官をサウジに派遣し、サルマン国王と会談することを明らかにした。

ポンペオ長官はサウジ訪問後、トルコにも立ち寄る予定。

カショギ氏は今月2日にイスタンブールのサウジ領事館訪問後に行方不明となり、同氏が館内で殺害された疑いが指摘されている。

トランプ大統領はこの日、カショギ氏失踪を巡り、サルマン国王と電話で20分程度会談。その後、サルマン国王がカショギ氏に何が起こったのか一切分からないと述べ、疑惑を「非常に強く否定した」と記者団に明らかにした。

その上で「ならず者の殺害者が関与している可能性もある」との見方も示した。

大統領はこの発言の根拠を示しておらず、米民主党議員からは批判の声が上がった。

民主党のクリス・マーフィー上院議員はツイッターへの投稿で「『ならず者の殺害者』というばかげた見解にサウジは同調するだろう。サウジは間違いなく、このセオリーの広報として大統領を味方に付けることができるだろう」と語った。

米CNNは15日、匿名の関係筋2人の話として、サウジ当局は、カショギ氏に取り調べを行ったところ誤って死亡させたとする報告書を準備していると伝えた。サウジ政府からのコメントは得られていない。

トランプ大統領はこれについて「公式の報告書かどうか分からない」と指摘した。

またニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は、サウジの皇太子がカショギ氏の取り調べを承認したと報道。サウジ政府は皇太子を守るため、情報機関当局者を非難しようとしているとの見方を示した。

トランプ大統領はまた、「問題を未解決のままにはしない」とし、ポンペオ長官をサウジに派遣する方針を明らかにした。

米国務省によると、ポンペオ長官は同日、サウジの首都リヤドに向かう。同省は声明で「トランプ大統領は、ワシントン・ポスト紙のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の失踪問題を巡り、迅速かつオープンな調査を要請した」と述べた。

トランプ大統領は週末、カショギ氏が領事館内で殺害されたのが事実なら、サウジに「厳罰」を科すと警告。サウジはこれに対し、経済制裁の発動警告を含むいかなる脅迫も「断固拒否」すると表明、制裁を受ければ報復するとけん制した。

10月15日、トランプ米大統領は、サウジアラビア反政府記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった問題を巡り、ポンペオ国務長官をサウジに派遣し、サルマン国王と会談することを明らかにした。写真は8日、イスタンブールで撮影(2018年 ロイター/Murad Sezer)

こうした中、カショギ氏がイスタンブールのサウジ領事館内で殺害されたことを示す音声記録をトルコ警察当局が入手したと、トルコ治安当局筋が明らかにしている。

トルコの警察当局は15日夜、サウジ領事館に入った。これより前、トルコの外交筋はトルコとサウジの合同部隊が領事館の捜索を行うとしていた。サウジ当局者はロイターに対し、合同部隊の情報を基にサルマン国王が内部調査を行うよう指示したことを明らかにした。

*見出しを修正しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below