August 19, 2014 / 4:47 AM / 4 years ago

サウジ王子の車列がパリで襲撃される、現金3400万円強奪

[パリ 18日 ロイター] - 仏警察によると、パリ近郊で17日夜、サウジアラビアの王子を乗せた車列が銃で武装した集団に襲撃され、約25万ユーロ(約3400万円)の現金と一部の個人関連書類が強奪された。

王子の名前は明らかにされていない。

車列はパリ郊外のルブルジェ空港に向かって高速道路を十数台で走行していた。警察によると、マスクを着けた8人ほどの武装集団が2台のBMWで乗り付け、パリ北部ポルト・ドゥ・ラ・シャペル付近で車列の1台に停止するよう求めた。

集団は、運転手と側近、ボディーガードを乗せたまま、車を強奪したという。

発砲はなく、負傷者も出なかった。運転手ら3人は後に解放されたが、集団は依然逃走中。

警察当局者によると、犯行は事情に詳しく、高度に組織化された集団によるものとみられる。

強奪された車両と武装集団の車両は、後にパリ近郊で焼かれた状態で発見された。

パリのサウジ大使館は声明を発表し、空港へ向かう途中で強奪された車両は、サウジ市民が借りたドイツナンバーのレンタカーで、この人物の私物を乗せていたと説明。車両が大使館と関係があり、現金や機密書類を運んでいたとの報道は誤りだと付け加えた。

声明は市民の氏名を明らかにせず、フランスを出国したとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below