for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

所得税導入計画ない、VAT引き上げは一時的措置=サウジ皇太子

 サウジアラビアのムハンマド皇太子は4月27日、所得税を導入する計画はないと述べ、昨年7月の付加価値税(VAT)の15%への引き上げは一時的な措置だと強調した。2018年12月、リヤドで撮影。提供写真(2021年 ロイター/Bandar Algaloud/Courtesy of Saudi Royal Court)

[ドバイ 28日 ロイター] - サウジアラビアのムハンマド皇太子は27日、所得税を導入する計画はないと述べ、昨年7月の付加価値税(VAT)の15%への引き上げは一時的な措置だと強調した。

サウジの財政は、原油収入の落ち込みで悪化。歳入不足を補うため、政府は昨年7月、VATを3倍の15%に引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府支援を見込んでいた国民や企業からは失望の声が上がった。

皇太子はテレビ番組のインタビューで「VAT引き上げは痛みを伴う措置であり、国民を傷つけたくないが、サウジ国民に長期的に持続可能な未来をもたらすことが私の責務だ」と説明した。

「VATを15%に引き上げることは1─5年間の一時的な措置であり、その後は5─10%に下がる」と述べた。

また、今年中に失業率を11%に改善させることを目指していると語った。2020年第4・四半期のサウジの失業率は12.6%と、第3・四半期の14.9%から低下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up